FF11新規復帰青ソロ日記

主にFF11のソロ討伐動画をアップしています。

 いよいよバージョンアップが明日に迫りました。
今回のバージョンアップでは、予告されていたオデシーのボスエリア、オデシージェールが実装されます。




新型コロナウィルスの蔓延による緊急事態宣言により、残念ながらもぎヴァナが延期になってしまったため、もぎヴァナで発表するはずだった資料を使っての文章による仕様説明となりました。
しかし、おそらく詳しいことはもぎヴァナでしゃべる予定だったためか、資料と説明だけ読んでも仕様があいまいに見える部分があります。
個人的にあいまいだと思ったり、説明だけでは明確ではない部分の予想をしてみました。明日には答え合わせができるはずですね!

これはあくまで個人的な予想ですので、当たるも八卦当たらぬも八卦です。真に受けないようにしましょう。


あいまいな点. モグパケットII は突入時点で3つ全部消費か? NM1戦につき1個消費か?

突入するために3個必要というのは資料に明記されています。
しかし消費のタイミングについては特に書いてありません。突入時に3個全部消えるのかもしれないし、突入事態では消えずに3連戦それぞれで1個ずつ消費していくかもしれません。

予想:これはおそらく、1戦につき1個消費だと思います。

突入しただけで3個全部消えるのであれば、わざわざ3個持てるようにする必要がないためです。9000点で突入トリガーをもらえるという仕様にすればいいだけですし、その方がずっとわかりやすくなります。3個あるということは、消費タイミングが3回あるはず。
9000点のモグセグメントはかなり重い負担です。全盛期のFF11であればジェールへの突入に9000点要求して、1戦退出だろうが3戦フルでやろうが、突入しただけで消費していたかもしれません。しかし昨今のFF11は割とカジュアル仕様と言いますか、ライトに遊ぶ分にはライトにも遊べるよという配慮が感じられます。
もしこの予想どおり、1戦につき1個消費なのであれば、「一度使ったジョブは次の敵では使えないルール」は高難易度に自ら挑戦したい人向けのハードモードということになります。1戦やって退出する分にはこれはつまり「同ジョブ複数は出せない」というだけのルールになるからです。
ライト層やソロ層は「NM1戦→トリガー1個消費して退出→何日かかけて3000点ためて再挑戦」といったルーチンになるのではないでしょうか?そして最高効率で稼ぎたいガチ勢は「NM3戦→トリガー3個消費→頑張って9000点ためて再挑戦」という感じになります。



さて予想は当たるでしょうか。明日のバージョンアップを楽しみに待ちましょう。

ご無沙汰しています。
子供が生まれたりして人生が忙しく、FFもあまりやれなかったし従ってブログも全然書けませんでした。

★修羅の道をソロでやるために赤を上げ始めたのが1年前だったようです。



今月のジョブポキャンペーンを使ってなんとか赤魔道士マスターになりました。
マスターになるまでにむずまでは勝てていましたが、むずの感触的にとてむずは厳しいかなと思い放置していました。
でもせっかくマスターになったので、とてむずにも挑戦してみようかと思い、やってみました。そのために赤をあげたのですしね。
やってみたところ、スシでは魔命が足りず、クレープでは命中が足りず、これは鍋必須だなあという感触。
試しに鍋食ってやってみたところ、数ミリ残して時間切れ。これはちょっと頑張ればいけるのでは?と思い、殴り装備を微調整し、強化スキル装備を見直し、マクロを整理してやってみたところなんとギリギリ残り2分で撃破!
1年越しの目標が達成できました。

なんですが、オーディンはそもそも先人の戦術のコピーですし長いので動画はなし。


代わりと言っては何ですが、赤の強化スキル装備集めの一環で試したウォンテッドトルバの赤ソロ動画をあげてみました。
用語辞典の強化魔法スキル最高値装備例ではサブ枠がフォフェンド+1になってるんですね。


羽強化しないとスキルつかないですし、やってもプクラトムージュNQでも同じく強化魔法スキル+10なので、あえてこれを使う意図がいまいちつかめないですね。サポ忍じゃないときでも装備セットをいじらなくていいとかそういう理由でしょうか?

トルバのソロ自体は別に珍しくないです。この動画のみそは今が旬の松井Pフェイスを使うととても楽だということ。たぶんこれが一番楽だと思います。

トルバの正面からブレスを食らうと即死しますので、こっちを向いたら横に逃げます。ブレス直撃だけ避けてやれば、蝉ある限りまず死にません。
松井Pがトスしてくれますので、シャンデで闇を作ってMBブリザド。あとは強化をかけ直しながらエンブリザドで殴るだけです。
青ソロでもやってみましたが、最後の殻こもりの後の発狂モードが厳しくて、すごく辛いうえに時間ぎりぎりになりました。一回は勝てましたけど安定とは程遠かったです。
その点赤ソロだと殻こもり中も大して回復されないので、最後の発狂モードはほとんどないまま倒せました。崩れる要因はブレス直撃と蝉がはげたところにWS食らって死ぬくらいでしょうか。その二点だけ気を付けましょう。





来年もあまり更新できないと思いますが、よろしくお願いいたします。
みなさまにとってもFF11にとっても、来年が良い年でありますように。
では良いお年を。

ドメインポイント
  • 累計:2160/4000
  • 日数:27/50
  • 目標日: 2020/01/28
  • 1000pt 12/22目標 スラッドピアス
  • 1000pt 01/03目標 オドルピアス
  • 1000pt 01/15目標 エンブラサッシュ
  • 1000pt 01/28目標 オドンブラサッシュ
正宗
  • キレインのランプまでは納品済み
  • 75/75 イスゲビンドの心臓
  • 1500/1500 ヘヴィメタル
  • 60/60 リフトシンダー
  • 10300/10300 リフトボウルダー
  • 172/595 黒の残魂

ソロでバローズしたりいろいろしたのですが、その後LSでエスカジタ→WoCパッセからの。

(トリガーは私が出すので)WoC撲殺ってのをしてみました。



結果は





FINAL FANTASY XI 2020_01_06 0_37_49 (3)


なんと勝ってしまい、胴まで出てしまいました。
どういうことだってばよ。


なんということでしょう。
某ブログの話を見てノリで言ってみたらうっかりうちも勝ってしまいました。

ドメインポイント
  • 累計:2080/4000
  • 日数:26/50
  • 目標日: 2020/01/28
  • 1000pt 12/22目標 スラッドピアス
  • 1000pt 01/03目標 オドルピアス
  • 1000pt 01/15目標 エンブラサッシュ
  • 1000pt 01/28目標 オドンブラサッシュ
正宗
  • キレインのランプまでは納品済み
  • 75/75 イスゲビンドの心臓
  • 1500/1500 ヘヴィメタル
  • 60/60 リフトシンダー
  • 10300/10300 リフトボウルダー
  • 172/595 黒の残魂

知り合いのLSさんが主宰したっぽいユーザーイベントのすごろく大会に参加してきました。
ルールは簡単。ルルデの床のタイルをマスに見立てて、コルセアのロールの出目の分進んでいくというもの。スタートはモグ前で、ゴールは大公の部屋でした。

FINAL FANTASY XI 2020_01_04 23_03_48 (2)


公式のユーザーイベントサポートも頼んでいたようでこんなところに門松を設置してもらったみたいです。
罠のマスでトップが5マス戻るとかそんなのもあり阿鼻叫喚。
しかもなんか異様に商品が豪華・・・!
運営されていた方すごいですね。


FINAL FANTASY XI 2020_01_04 23_50_57 (2)


結果は10チーム中5位でした。
可もなく不可もなく。
来年も時間があって参加できたらいいなあ。

ドメインポイント
  • 累計:2000/4000
  • 日数:25/50
  • 目標日: 2020/01/28
  • 1000pt 12/22目標 スラッドピアス
  • 1000pt 01/03目標 オドルピアス
  • 1000pt 01/15目標 エンブラサッシュ
  • 1000pt 01/28目標 オドンブラサッシュ
正宗
  • キレインのランプまでは納品済み
  • 75/75 イスゲビンドの心臓
  • 1500/1500 ヘヴィメタル
  • 60/60 リフトシンダー
  • 10300/10300 リフトボウルダー
  • 172/595 黒の残魂
FINAL FANTASY XI 2020_01_04 0_04_46 (2)


早いもので(????)ドメインマラソンも折り返し地点。2つ目のアクセを選べる時が参りました。
すごくすごく悩んだのですが、オドルピアスにしました。青のシャンデ、シーフのエヴィやルドラにもいい装備ですね。
エンブラサッシュやオドンブラサッシュを先に取るかとてもとても悩みました。ここは当初の予定通りオドルピアスにしました。


FINAL FANTASY XI 2020_01_04 0_08_06 (2)

あと戯れにとてやさオーディンやってたらこんなのをポロリしていしまいました。
多分シャイニングワンの方が強いような気がしますが、せっかくなのでロックスタイルできるように竜を99まで上げてたら時間が溶けましたとさ



↑このページのトップヘ