FF11新規復帰青ソロ日記

主にFF11のソロ討伐動画をアップしています。

カテゴリ: ff11

9月のバージョンアップが行われたので、取り急ぎソロでアンバスケードをしてみました。
2章とてむずと1章やさしいをあげましたが、今回は負け動画も一緒にあげてみました。
普段は負け動画はあげないでうまくいったものだけあげるため、動画だと実際以上に楽勝に見えるかもしれません。実際にはこの負け動画のように、あがっている動画の前にいろいろな試行錯誤があるときもあります(ないときもあります)。

2章とてむず ウィルム

ギミックはよく分からないですが、なんか普通のウィルムっぽい感じでした。
普通のウィルム系っぽく範囲攻撃してくるので、セルテウスでMP回復してひたすら殴りました。
普通のウィルム系っぽく飛んできて暇なのでシンカー連打。MPはセルテウスさんにお任せ。
フェイスはシルヴィ コーネリア セルテウス キング ミリアリアポ―。

2章とてむず ウィルム 動画



1章やさしい キキルン

やさしいはボスとお供1匹ずつ。
支援を盗む、HPを盗む、MPを盗む、アビリティを盗むなどの攻撃をしてきます。どうも支援を盗むで風水を盗まれるとレベルアップする模様で、シルヴィやコーネリアを出しているとなんかがんがん盗まれてレベルアップしていって、全然HPが減らない感じになりました。攻撃は当たったので何が強化されているか不明。各種盗むが強くなっているように思いました。失敗動画も上げておくので参考までに。 ヘイストなどは盗まれていないように見えたので、シルヴィやコーネリアを下げてAAEV セルテウス キング リリゼットII クピピ で挑戦して辛くも勝利。

1章やさしい キキルン 失敗動画



1章やさしい キキルン 動画



はじめての方へ

ルール編をご覧ください。

動画

敵&戦利品情報

ギアス 醴泉島ST1 ベルフェゴール
フェイスは アムチュチュ、ヨランオラン、クルタダ、セルテウス、ブリジット。食事はレッドカレーパン。
ヘルクリアブーツ目当て。
ヘルクリアブーツは、オグメによりますが青の殴り最終装備候補です。またこいつは慣れると割と倒しやすいので、緑魂石稼ぎに倒すこともあります。

ベルフェゴールは、サイレスシールやスリプガが厄介です。また定期的に使ってくるメメントモーリを消さずに精霊の直撃を受けると即死することがありますので、ブランクゲイズで消しましょう。
魔法攻撃が主体なので盾はアムチュチュにしましたが、HPが低くてハデスサモンズで即死することがあるのでブリジッドを出しました。動画を撮った当時はAAEV未実装だったのでアムチュチュですが、今であればAAEVの方がよいです。
スリプガはAAEVが盾であれば気にしなくてよいです。動画ではアムチュチュ盾なので、万一ヨランが寝かされるとアムチュチュはケアルを使えないため崩れます。これを避けるために服毒しています。サイレスシールは、ヨランオランを出すならば耐性が強いのである程度無視できます。シルヴィ等を使う場合はサポ踊にしてヒーリングワルツをすると安定します。

前回までに解放済みの装備

  • アデマボンネット
  • ローハイドベスト
  • アデマリスト
  • ヘルクリアトラウザ
  • ローハイドブーツ
  • ニビルカジェル
  • ニビルブレード
  • カマインマスク
  • カマインクウィス
  • アイリス(未使用)

通常装備

  • 武器 ニビルブレードA ミメシス
  • 頭 アデマボンネット
  • 胴 ローハイドベスト
  • 手 アデマリスト
  • 脚 ヘルクリアトラウザ(DEX4 命中30 攻撃8 STP5)
  • 足 ローハイドブーツ
  • 投擲 ファルコンアイ
  • 耳 素破の耳 エアバニピアス
  • 指 エポナリング ラジャスリング
  • 首 コンバタントトルク
  • 腰 ケンタークベルト+1
  • 背 ロスメルタケープ(DEX20 命攻20 STP10)

シャンデ装備

  • 頭 アデマボンネット
  • 胴 ローハイドベスト
  • 手 アデマリスト
  • 脚 ヘルクリアトラウザ(DEX4 命中30 攻撃8 STP5)
  • 足 ジャリ+1
  • 投擲 ファルコンアイ
  • 耳 胡蝶のイヤリング セサンスピアス
  • 指 エポナリング アペートリング
  • 首 フォシャゴルゲット
  • 腰 フォシャベルト
  • 背 ロスメルタケープ(DEX30 命攻20 クリ率10)

雑記と謝辞

この動画はだいぶ前に撮ったのですが、なんか記事をアップするのを忘れて埋もれていました。
ベルフェゴールを倒してヘルクリアブーツを取ると、(オグメによっては)シャンデ時の足もこれになります。なんと物理面では通常/シャンデともにジャリ+1を全部卒業することになります。これをもって、いったんこの企画はここで一区切りにします。
ジャリは魔命、魔攻、サドン等の追加効果装備として有用なので使わなくなるわけではないですが、通常殴りおよびWS装備としては全部位更新して、一回り強くなれたのではないでしょうか。
ここまで動画&記事をご覧いただいてありがとうございました。皆様の参考になっていれば幸いです。

学者ジョブポについて

学者は精霊MBジョブポ適正ジョブとされていたので、以前であれば学者ジョブポ稼ぎはPTで行うのが普通でしたし、ものすごい効率で稼げました。
しかし前衛強化、風水弱体、詩人強化などを経た2017年時点では、ジョブポPTはどちらかというと前衛主体編成が流行しつつあるようです。学者は前衛に対する支援能力はあまり高くないので、前衛主体PTには入るハードルはやや高いです。精霊MB編成の適正ジョブはもう上げ終わっているみたいな要因もあり、自分で精霊ジョブポを叫んでも時間帯や他のキャンペーン状況によっては集まりづらい場合もあり、今更学者ジョブポを稼ごうとするとなかなか大変な面もあります。
私は学者を「とりあえず震天連携と陣とリジェネできればいいや」的な志の低い使い方をしていたのでギフト800そこそこで放置してました。しかし、青がマスターになってしまったので次は学者をもうちょっとやってみるか的なノリで学者ジョブポを再開してみたのでした。
シャウト待ちや自分で募集してもいいのですが、好きな時に初めて好きな時に止めれるソロの良さも捨てがたいです。ソロでも工夫すればそれなりな稼ぎになってきたので、動画にしてみました。
 

動画


戦術方針

MBは強力なので積極的に使っていきたいのですが、震天連携に2チャージ使っているとあっという間にチャージ待ちになってしまい稼ぎが悪くなります。さらに大概のフェイスはトスを上げると連携〆を狙ってくるため、割り込まれてMB不発になったりすると目も当てられません。ご存知の通りフェイス同士の連携を待つのもなかなか安定しません。
そこで、無理に自前での震天〆を狙わずにフェイスに対して震天トスをあげて、 フェイスが〆てくれた連携にMB2回決めていくスタイルに落ち着きました。
フェイス選択は次の節で説明しますが、イロハにヘイストをかけてあげれば割と毎回連携〆してくれます。

フェイス選択

フェイスに〆てもらうなら、イロハ2、AAGKなどがTPスピードが速くてよさそうです。
盾は、ジョブポ稼ぎであれば被ダメでMP回収できて燃費がいいAAEVにしたいところ。
支援はシルヴィ、クルタダ、ウルミア(バラバラ)、アシェラ(ヘイストリフレガイディングライト)、神子などが考えられそうです。
いろいろ試したのですが、AAGKは連携属性が多彩すぎるのか、同じトスに対して違う連携を選んでくる場合がありました。モーションを見てからMBする精霊を選ぶのは神経を使いますし、陣の効果を得られないときが発生するのがマイナスでした。イロハ2は震天トスの連携属性に対して毎回同じWSを選んでくれる(そもそも選択肢がない)属性が多いため、学者としては都合がよかったです。
今は気まぐれでシルヴィからヨランに変えているのでシルヴィは出せないです。シルヴィがいればシルヴィ最高だと思います。 クルタダは連携を邪魔してくるのでNG。
以上により、今回は AAEV ヨランオラン イロハII アシェラ ウルミアを選びました。

連携属性について

イロハIIに震天トスを出してできる連携は、硬化、振動、衝撃、分解、核熱のどれかです。しかし学者ソロとしては、陣の都合でできるだけMBする精霊属性を絞りたいです。
分解(硬化トス)か核熱(溶解トス)か迷うところですが、溶解トスを行うとAAEVが切断〆してくる場合があるのでMBが不発になってしまいます。硬化トスの場合AAEVは衝撃〆してきますが、これはつまりどちらで〆てもMBサンダーできるということなので、こちらを採用しました。
MBサンダーのもう一つのメリットとして、イロハがたまに使う黙想1人連携(鏡裏->花時->水烟->月輪の分解->光->光連携)が来た時に、どこで撃ってもMBサンダーが成立することです。
一方、分解連携のときにAAEVのTPがたまっていると、シャンデュシニュで連携を伸ばされて、分解->湾曲が発生してしまうことがあります。MB2回目のサンダーをつぶされる時があって要注意ですが、その後さらにMBブリザドできる場合もあります。

装備

ご覧の通りあまり強くないです。精霊の着弾装備:
  • 武器:アカデモス
  • サブ:ニオビッドストラップ
  • 頭:マーリンフード(INT9 魔命15 魔攻27 魔法ダメージ15)
  • 胴:ジャリローブ+2
  • 手:アマリクゲージ type D
  • 脚:マーリンシャルワ(INT3 魔命30 魔攻26 MB+6)
  • 足:マーリンクラッコー(魔命25 魔攻25 MB+11)
  • 耳:バーカロルピアス フリオミシピアス
  • 指:夢神の指輪 ジャリリング
  • 首:水影の首飾り
  • 帯:八輪の帯
  • 背:ルッフケープ(INT30 魔命20 魔攻10 魔法ダメージ20)
  • 投擲:ペムフレドタスラム
計のときはなんとなく魔法ダメージ重視で頭と手と足をマルクィ+1、投擲をガストリタスラム+1にしていますが、雰囲気でそうしているだけで、どうすると一番ダメージが高いのかよくわかっていません。

狩場について

ドー門だとイロハの命中があやしいし、そもそも混んでます。
モー門だとエルカの方がいろいろ楽なのですが、キャンペーン時などはたまに人がいます。
人がいるときなどはあまりまくっているマタマタやラプトルをやるといいと思います。前衛だとマタマタは範囲ノックバックなどでやってられないですが、学者ならそこはクリアできます。

 

シニスターレインについて

maxダンペニングタムが欲しくなったのでシニスターに取りに行きました。
シニスターはかなりソロが難しいコンテンツだと個人的には思うのですが、ブログを見渡すと2015年くらいからぼちぼちソロ攻略されていたりします。皆さんすごいです。
私もそういう記事をみてボチボチソロしてみていたんですが、たまーに勝てることはあるけどすぐ理不尽に死ぬので割と投げ気味でした。
maxダンペが欲しい欲がにわかに高まってきたので、改めて頑張ってみた動画を上げてみる次第です。

第一陣

フェイスはシルヴィ AAEV セルテウス ウルミア クピピ。一陣だとセルテウスは別にいらないけど、どのみちそう苦戦はしないので適当に。マイティは温存してウルミアを出しています。ウルミアとクピピは一陣終了後帰還して呼び直します。
アシェラ、イングリッドは特に言うことはないです。フェイスの配置をミスらなければ安定していけそうな感じです。ドラゴンパピーつきのAAEVは強いです。
ダラクァルンは第三陣並みに強いと思います。HP割合でつかうセリフ付きWS(範囲ダメージ+テラー)をスタンで止めないと凄く辛いです。ソロであればダラクァルンアイテムが欲しいのでない限り、これが出たら退出推奨。

第二陣

マクロでウルミアをクピピを帰還させて、リリゼットとクピピを呼び直します。私はこの構成のまま三陣に突入します。二陣は範囲攻撃が激しいので、ちゃんと勝てているならセルテウスのおかげでMP満タンのまま三陣に挑めます。
テオドールはタフですが割と適当でも勝てます。リリゼットとセルテウスの範囲回復でだいたい維持可能です。後述の動画ではフェイスの配置をミスってクピピが落ちたりしましたが、それでもなんとかごり押しました。
ロスレーシャは範囲魅了がとても厄介です。一撃避けみたいに赤線を見たら常に逃げればいいならともかく、WSの種類を確認して逃げるというのは私はとても苦手なので、常に魔回避装備で叩いて、魅了が来たら逃げる、安全なWSか魔法詠唱ならシャンデという消極的作戦にしました。魅了避けが苦手でこういう作戦をするなら、こいつと長く戦うのは得策ではないのでここでバーサクを使っています。
モリマーは厄介な敵です。盾フェイスのみが正面に立つ配置ができれば割と素直に勝てるのですが、開幕からバインドつきのWSしてきたりするのでその配置が難しいです。配置にミスるとグダグダになって負けます。

第三陣

オーグストはノークォータの対処がすべてです。それさえできれば楽ですらあります。できなければ壊滅します。デイブレイク使用後60秒程度経過後にノークォータを使ってきます。キッチンタイマーを使うとかの攻略があるみたいですが、個人的にはそれよりもゲーム内の残り時間を見る方が楽でした。必ず60秒きっかりというわけではないので「60秒進んだらスタンを構える」という感じでやっています。「ゆくぞ」のセリフをみてスタンして間に合いますが、その時にちょうどテラーしていたら、理不尽に全滅します。ノークォータの対処がすべてです。
アシェラは七支公召喚の対処がすべてです、が辛いです。HP割合発動ぽいのですが削りが早いと変なタイミングできたりします。ユムカクス召喚を許すと終わりです。ノックバックやテラーをしてきたりするので、ダメな時は理不尽に全滅します。後述の動画ではクムハウ召喚を通してしまい、そこは切り抜けたけどその後AAEVが落ちてしまったので、アビを使ってテラーさせて嵌め殺しました。
ハーサーカは三陣の癒しです。HP割合で範囲瀕死+弱体多数攻撃をしてきますが、魔回避装備でずっと殴ってれば死にます。


動画1

グダグダごり押し動画です。本当にいろいろグダグダです。
二陣テオドール戦のフェイス配置をミスってしまい、クピピとリリゼットIIが落ちてしまいました。
なんとか勝ったと思ったら三陣アシェラで召喚スタンをミスってしまい、ほどなくAAEVが落ちてしまいました。こりゃダメだと思ったけど、アビを使ってアブソリュートテラーハメに持ち込んでなんとか勝ったというグダグダ動画です。

動画2

こっちはある程度ちゃんと戦えている動画です。
二陣ロスレーシャの魅了避けも一応してます(魔回避装備で叩いていますが)。
三陣オーグストのノークォータもスタンできており、いつもこういう風に戦えたらよいのですがと思います。

メモ

アルマス取得によりそれまで使っていたコラーダミメシスタンモガイより隔がずっと減ったので、通常およびWS装備のSTP調整が必要になりました。

通常装備

よく使う特性分と合わせて、メイン命中1240サブ命中1215。命中1200を目標に調整してあります。もっと高命中が必要な場合はまた別な装備セット。
DAマントを使おうとすると手持ちの装備ではどうしてもSTPが足りなくなったので、ベルフェゴールで石を稼いでSTPヘルクリア足を作りました。
特性STP4段、装備STP37、装備二刀流係数10、WS時STP26二刀流係数5と合わせて9振り調整になっています。
ここからの強化としては、ベルトをHQにする、頭をmaxオグメにする、イラブラットリングを取る、アデマをHQにする、サブをセクエンスにして足をTAヘルクリアにする、などを狙っていきたいです。
  • アルマス
  • コラーダ(D14 DEX11 命中7 攻撃8 STP5)
  • ダンペニングタム(DEX8 命中14 魔命13 QA1)
  • アデマジャケットB
  • アデマリストA
  • サムヌータイツ(STR10 DEX10 DA3 TA3)
  • ヘルクリアブーツ(DEX9 命中29 攻撃2 STP4)
  • 素破の耳
  • セサンスピアス
  • エポナリング
  • ラジャスリング
  • コンバタントトルク
  • ウィンドバフベル
  • ロスメルタケープ(DEX30 命中20 攻撃20 DA10)
  • 銀銭

シャンデ装備

よく使う特性分と合わせて、メイン命中1220サブ命中1195(フォシャ分を合わせると1240 1215)。
ここからの強化としては、イラブラットリングを取る、ヘルクリアオグメを頑張る、アデマをHQにするなどでしょうか。
  • アルマス
  • コラーダ(D14 DEX11 命中7 攻撃8 STP5)
  • アデマボンネットA
  • アデマジャケットB
  • アデマリストA
  • サムヌータイツ(STR10 DEX10 DA3 TA3)
  • ヘルクリアブーツ(DEX14 命中29 攻撃2 クリティカル+1)
  • 胡蝶のイヤリング(命中4 TPボーナス)
  • セサンスピアス
  • エポナリング
  • ラジャスリング
  • フォシャゴルゲット
  • フォシャベルト
  • ロスメルタケープ(DEX30 命中20 攻撃20 クリティカル+10)
  • ファルコンアイ

殴り用青魔法セット

  • (特性FC)エラチックフラッター
  • (特性二刀流)偃月刀 デルタスラスト
  • (特性C.インクリース)シンカードリル
  • (特性TA)T.アッサルト 重い一撃 アクリッドストリーム
  • (特性STP)ディフュージョンレイ サドンランジ ファンタッド
  • (特性魔命)テネブラルクラッシュ
  • (特性命中)N.メディテイト
  • (特性HPmax)グルーティナスダート 牙門
  • (特性連携ボーナス)パラライズトライアド
  • (使用目的)オカルテーション
ここまででBP残り13で、コンテンツに応じて上記のも含めて適宜変えたりします。
R.デルージュで魔防(ウナギ向け)、攻撃、魔攻、使用するために虚無の風、ディスペル系、睡眠系、ホワイトウィンド、サイレントストーム(沈黙)、エントゥーム(石化)とかを適宜つけたりします。

今日の記事は有益なことは何も書いてないポエムです。

アルマスを作り始めたのはアンバスケードが 始まったころ、2016年4月くらいでした。
アンバスケードの報酬、へヴィメタル100個、リフトシンダー3個というのを見て、これはつまりメタルは15か月、シンダーは20か月毎月ちゃんともらえばそれだけでアルマス119の素材(ボウルダー以外)がそろうということ。難関のメタルシンダーも、これならできるかも?と思い作成開始しました。


完成したのが2017年7月なので結局15か月かかりました。2016年10月から2017年5月までFFしてなかったので、実プレイ期間としては9-10か月くらいでしょうか。アンバス経由で取ったメタルシンダーは結局半分くらいで、残り半分は毎月のキャンペーンを利用して入手したRMEE素材を売って賄いました。

各パートの感想

終わってみての感想としては、金策よりもNM沸き待ちやアビセア素材集めのモチベ維持のほうが個人的に大変でした。

時間ポップNMパート

辛かった。現地で放置しつつ格ゲーしてたまに画面を見るみたいなことをしてました。ログアウトするときも現地。ログインしたときに沸いてなかったときのがっくり感がやばいです。
良い点としては、この段階ではまだ取り合いではないので、現地であった同目的の人とパーティ組んでやったりしました。

アビセアンNMパート

ここから放置じゃなくて動かさないとダメになりました。でもやったの1年以上前なのであまい印象なし。

アビセア素材

やたら歩かされるブリアレオス、グクマッツ取り合いのソベク(それほど取り合いはしなかったですが)、シーシュポスが欠片を落とさない落としにくいアペデマク。
シーシュポスが100%ドロップじゃない分アペデマクが個人的には一番つらかったです。箱からも出にくいですし。
復帰者として辛いところは、弱点のための準備が必要なところです。これのために忍者を99にしました。All Jobsのイベントアイテムが季節限定だったりするのが辛い。低D武器がカバンを圧迫したりといった辛さもあります。私は忍者だと両手剣をもってないので氷弱点がつけません。戦士だと、やり始めた当初はAll Jobsの両手刀を持ってなかったので結局1個つけないなら夜間足が速い忍者でやりました。

シンダーメタル

アンバスケード半分、キャンペーン半分くらいでした。
最初は途方もなく思えたのですが、資産管理スプレッドシートで目標達成率が上がっていくのをみて進捗感を出したりして乗り切りました。キャンペーンで相場が変動するので、いいところで売り買いできたりすると気分いい。

ボウルダー

ウナギ1/4、キャンペーン3/4くらい。自力で取ったのは2500個くらいでした。アンバスケード報酬はレートが悪いのでもらいませんでした。
最後全力買い集めて手持ち資金全部使い切って、売りに出してるものが売れるまで買えないけど残り@30個みたいな状態になったので、レートは悪いけど互助会チケットで交換して完成しました。

試し切り

さんざんお世話になったウナギ先生に、感謝の試し切りをしてお礼に代えさせていただきました。
フェイスはチェルキキ シルヴィ リリゼットII アレヴァト ミリアリアポ―。
10年ぶりのFF11さんの攻略からキングout アレヴァトin です。
アレヴァトは敵HP半分でブラッドレイジを使ってくれて、シャンデの威力が伸びます。
アルマス試し切りの感想としては、強い。AMによってオートアタックのダメージが伸びる(AM2で約40%3倍撃なので、AAの総ダメージが1.8倍になる期待値です)上にシャンデも強い。ヨランなしで2分台を出したことはなかったのですが、動画のために狙って出せるくらいの頻度で2分台が出るようになりました(この動画は2:57。動画撮ってない時に最高で2:50までは出ました)。


謝辞

アルマスを作るにあたって皆様にお世話になりました。
LSのみなさん、Cenさん ありがとうございました。

前振り

人生いろいろあってFFから足が遠のき、気づけば半年更新していませんでした。

ゴールデンウィークなので 久々にログインしてみたものの、何もかも忘れてなまっておりました。
半年前は何をやってただろうとカバンをみたら、たぶんアルマスを作りかけていたので、ゴールデンウィークを使ってちょっとでも進めてしまいましょう。

 

コンセプト

さて、アルマス作りに欠かせないのがウナギことリヴァイアサンソロです。
動画も多数上がっていますし、10年ぶりのFF11さんの丁寧な解説記事などもありますので、みなさんウナギをガンガン蒲焼にしているものと思います。
 
ネットに上がっているリヴァイアサンソロ動画 、ほとんどがヨランオラン(UC)を使っています。ヨランオランはケアルがとても早くMPも豊富なので、ある程度火力があればグランドフォール避けとかオカルテーションとか何も考えずにひたすらシャンデシャンデでタイダルすら発動させずに勝てます。
ネットに上がってる動画はタイムアタックじみており、RMEE前提みたいな感じがあります。でもこちとらそのアルマス作るためにウナギやってるんですよ!
ヨランオランは大変優秀で、ヨランいないととても難しくなる敵というのがたくさんいます。リヴァイアサンもその一つでしょう。
しかしヨランはシルヴィとトレードオフです。時にはシルヴィを選んでもリヴァイアサンをやりたいときもある。RMEがなくてもヨランがいなくても、リヴァイアサンをやりたい。今回はそんな動画です。

動画

フェイス選択

  • クルタダ
  • ウルミア(超重要)
  • セルテウス
  • チェルキキ
  • クピピ

ヨラン抜きなのでシルヴィを使うのかと思いきや、シルヴィは使いません。
理由はウォタジャやグランドフォールを食らわない用にシルヴィを配置するのが難しいからです。いろいろ試しましたが厳しかったです。シルヴィがこれらを食らってしまうと白フェイスのMPが枯渇して結局じり貧になります。毎回グランドフォールを避ければましですが、それでもウォタジャは避けられないので安定しませんし時間がかかります。

ユニティリーダーでない白のMPはすぐ枯れるので、白2枚体制です。
クルタダはロール要員。ロールだけかけたら死んでくれて構いません。
ウルミアは スケルツォ要員です。スケルツォなしでグランドフォールをカットせずに直撃されると即死まであります。逆にスケルツォがかかっていれば、白のMPがある限りそうそう死なないので安心してノーガード殴りできます。
セルテウスはタイダル後の安定のために入れています。今回の戦術では、白のMPが枯れないように残MPに応じてオカルテーションを張ったりグランドフォールを避けたりします。このためどうしても時間がかかり、私の火力ではタイダルまでに殺しきれませんでした。RMEEがあったりしてヨランなしでも安定してタイダル前に殺せる火力があれば、この枠にリリゼットとかを入れてもよいでしょう。

注意点

  • 弱点(アビ、魔法、WS)をきっちり突く 
  • 開幕シェルがかかるまでにフォールを食らうと即死する恐れがあります。弱点をついて時間を稼ぎましょう
  • 開幕シェルまでの安定のために牙門(重要)
  • グランドフォールを食らってスケルツォがかかったらひたすら殴る
  • スケルツォ牙門がかかっていればウォタジャ→フォールでも死にません
  • 白のMP温存のためにオカルテーションは張りなおす
  • 白のMPが危うい時はフォールは避ける
  • タイダルが来てしまっても、慌てず弱点を突きなおす
  • リジュバネーションで白のMPを回復してくれるので弱点を突いている間に立て直せます

青魔法セットとかいろいろ

  • エラチックフラッター(ファストキャスト)
  • 虚無の風+プラズマチャージ
  • 円月刃+デルタスラスト(二刀流)
  • オカルテーション
  • シンカードリル(C.インクリース)
  • T.アッサルト+重い一撃+アクリッドストリーム(トリプルアタック)
  • テネブラルクラッシュ(魔法命中)
  • サドンランジ+ファンタッド(STP)
  • N.メディテイト(命中)
  • パラライズトライアド(連携ボーナス)
  • グルーティナスダート+牙門(HPアップ)
  • マジックフルーツ
  • バトルダンス+アッパーカット(攻撃)
試練は突入時にHP/MP回復しないので、焼け石に水ですがプラズマチャージで特性リフレ。STR DEX+3もあるし・・

  • ギフト1700ほど
  • レッドカレーパン 
  • 装備は動画の最後で紹介しています
  • 通常装備STP49、WS装備STP25の8振り
  • 通常足がローハイドなのはSTPと二刀流係数の調整のため(二刀流係数 特性0.75 装備0.13) 
  • ヨラン抜き攻略は時間がかかるので、空いているときにやりましょう。混んでるならヨランを使いましょう。

↑このページのトップヘ